【初心者でも簡単】WordPressのバックアップ方法を解説

WordPressブログ
スポンサーリンク

WordPressを始めたばかりなので、バックアップの方法が分からない…。初心者にも分かりやすくバックアップ方法を教えてほしい。

という方はいませんか?

WordPressでブログを運営するときに欠かせないのが「バックアップ」です。

バックアップを取っていないと万が一データが消えてしまった場合、ブログを元に戻すことができなくなってしまいます。

そのため、定期的にバックアップを取っておくと安心ですが、「バックアップってどうやって取ればいいのか分からない…」という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、WordPressのバックアップ方法を、初心者向けに分かりやすく解説していきます。

WordPressのバックアップを取る方法

BackWPup

さまざまなリスクに備えて定期的にバックアップを行う必要があります。

バックアップにはWordPressのプラグインを使うことで定期的にバックアップを取ることができます。

有名なプラグインは「BackWPup」で、サーバー上とデータベース上のデータを丸ごとバックアップしてくれます。

以下では、BackWPupで定期的に自動バックアップをする方法について解説していきます。

BackWPupで自動バックアップを取る

自動バックアップを行うには、まず「BackWPup」のプラグインをインストールしましょう。

BackWPupをインストール

BackWPupインストール

WordPressの管理画面の「プラグイン」⇨「新規追加」をクリックし、BackWPupを検索します。

BackWPupが出てきたら「今すぐインストール」をクリックし、有効化しましょう。

BackWPup新規追加

管理画面にBackWPupが追加されているので、「新規ジョブを追加」をクリックして設定を行っていきましょう。

一般設定

まずは「一般」のタブを開き、下記のとおりに設定していきます。

BackWPup一般

BackWPup一般②

  • アーカイブ名
  • ログの送信先メールアドレス
  • メールの送信先

この3ヵ所は初期設定のままでOKです。

スケジュール設定

次に「スケジュール」タブをクリックします。下記のとおりチェックを入れていきましょう。

BackWPupスケジュール

スケジューラーではバックアップを行う時間を設定できるので、アクセス数が少ない時間に設定しましょう。

DBバックアップ

「DBバックアップ」タブをクリックして設定をおこないます。

BackWPupDBバックアップ

ここでは「バックアップファイルの圧縮」をGZipにチェックを入れましょう。

ファイルの設定

次に「ファイル」タブの設定ですが、ここは初期設定のままでOKです。

BackWPupファイル

BackWPupファイル②

あとは「変更を保存」をクリックしたら設定は完了だよ。

すぐにWordPressのバックアップを取る方法

今すぐにバックアップを取りたい場合の方法も解説しておきます。

BackWPup手動

管理画面の「BackWPup」⇨「ジョブ」をクリックします。

BackWPup手動②

さっき登録したジョブ名にカーソルを合わせると「今すぐ実行」と表示が出てくるのでクリックしてバックアップを開始しましょう。

BackWPup手動③

上記の表示が出てきたらバックアップ完了です。

データをダウンロードする

バックアップしたデータをダウンロードするには、管理画面から「BackWPup」⇨「バックアップ」をクリックします。

該当するファイルにカーソルを合わせると「ダウンロード」と表示されるので、クリックすればダウンロードすることができます。

まとめ

以上が、WordPressのバックアップを取る方法についてのまとめです。

一度設定してしまえばあとは自動でバックアップしてくれるので、さくっと設定してしまいましょう。

 

【初心者向け】WordPressに導入したいおすすめプラグイン8選
プラグインを利用することによって、自分が必要とする機能を簡単にWordPressに取り入れることができるようになり非常に便利です。この記事では、WordPressを始めたばかりの初心者向けに、ブログを始める上でおすすめなプラグインをご紹介します。