エンジニアに英語力は必要?得られる3つのメリットと学習方法を紹介

Englishプログラミング

プログラミングのコードって英語で書いていくけど、エンジニアになるには英語力も必要なの?英語の必要性と学習方法が知りたいな…。

という方はいませんか?

近年IT化が進み、プログラミングは将来性のあるスキルとなっていますが、「エンジニアはプログラミングスキルのほかに英語力も必要なのかな?」と疑問に思う方もいると思います。

結論から言うと「英語は必須という訳ではないが、できた方が有利」です。

この記事では、

  • エンジニアの英語力の必要性
  • エンジニアが英語ができる事により得られる3つのメリット
  • エンジニアが英語力を鍛える3つの方法

について解説していきます。

エンジニアの英語力の必要性

仕事

プログラミングをすること自体には、英語力は必ずしも必要ではありません。(※あくまで個人的な意見です)

プログラミングはコードもエラーも英語なので、「英語ができないとダメなのかな?」と思うかもしれませんが、エラーが出たときにはエラー文で情報を検索したり、翻訳機能を活用することで十分に解決することはできます。

ただ、今後は「プログラミング」と「英語」はとても重要なスキルになってくると考えられています。

そのため、これからエンジニアを目指すのであれば「英語」ができると有利になります。

特に、最新のエンジニア情報は英語で発信されるため、数か月後に翻訳された情報を待っていたのでは遅く、いかに最新の情報を得られるかが重要です。

IT業界は移り変わりが早いので、常に最新の情報を得るためには英語力は必要ということになります。

エンジニアが英語ができることにより得られる3つのメリット

では、エンジニアが英語ができることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?

  1. プログラミングの情報収集ができる
  2. 仕事で有利になる
  3. 仕事の幅が広がる

ひとつずつ解説していきます。

プログラミングの情報収集ができる

プログラミングの情報は、日本語よりも英語での情報量のほうが圧倒的に多いです。

検索したときに出てくる情報が英語ばかりだったときに、英語が分かればスムーズに情報を収集することができます。

また、最新のITトレンドは英語で発信されているので、英語で情報を得ることができれば最前線のエンジニアとして活躍することも可能になります。

仕事で有利になる

英語ができるエンジニアは企業にとって貴重な人材ですので、仕事でも有利になりやすいです。

外国人エンジニアとコミュニケーションが取れれば、海外との仕事にも対応することができますし、転職の際にもいいアピールポイントになります。

現在、プログラミングと英語ができるエンジニアは貴重ですので、スキルアップの面でも英語力は欠かせません。

仕事の幅が広がる

英語ができれば、海外で働くことやフリーランスを目指すなどの選択肢も広がります。

最近では海外でフリーランスをされている方も増えているので、英語ができることで仕事の幅が広がるというメリットもあります。

どのくらいの英語力がエンジニアには必要?

プログラミング

では、エンジニアにはどのくらいの英語力が必要なのでしょうか?

仕事をする上で、「コミュニケーションが取れる程度の英語力」があればOKです。

英語に自信がなくても経験を積んでいけば徐々に英語力もアップしていくので、英語を学びつつ、実践しながらレベルアップを図っていきましょう。

エンジニアが英語力を鍛える3つの方法

学習

エンジニアが英語力を上げるための学習方法を3つ紹介したいと思います。

  1. 英語学習アプリを使う
  2. 学習サービスを利用する
  3. 英会話スクールを利用する

以下で詳しく紹介します。

英語学習アプリを使う

アプリは時間や場所を気にせず学習できるのでオススメです。

英語学習アプリで有名なのは、リクルートが運営する「スタディサプリEnglish」ですね。

ビジネス英語コースなら、仕事で使える実践的な英語を学ぶことができます。

学習サービスを利用する

学びたい人と教えたい人がオンライン上で繋がることができるサービスが「Udemy」です。

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、日本ではベネッセも事業パートナーになっています。

プログラミングやビジネス英語だけでなく、さまざまな教材が揃っているので必要に応じて購入してみると良いですね。

  • Udemy:世界最大級オンライン学習サイト

また、英語でプログラミングを学びたい方におすすめなのが、オンラインプログラミング学習サービス「Kredo」です。

英語初級者でも安心して学べるサポート体制が整っているので、「プログラミング×英語」で自分の可能性を広げたいという方にぴったりのサービスです。

Kredoでは不安や疑問を解消するためのカウンセリングも実施しているので、気になる方はまずは相談してみましょう。

  • Kredo:オンラインプログラミング学習サービス

英会話スクールを利用する

英語学習と聞いて最初に思い浮かぶのが英会話スクールではないでしょうか。

おすすめのオンライン英会話は「DMM英会話」で、2020年オンライン英会話サービス評価・満足度調査「16部門でNo.1」を獲得しています。

DMM英会話は無料体験レッスンも実施しているので、興味がある方は参加してみましょう。

まとめ

今後、エンジニアに求められるスキルとして、プログラミングと英語力は非常に重要になってきます。

これからエンジニアを目指す方は、自分に合った方法で英語学習を初めてみてくださいね。