話題の音声SNS「Clubhouse」とは?登録方法と招待枠の探し方

話題の音声SNS「Clubhouse」とは?副業の始め方
スポンサーリンク

“音声版Twitter”とも言われれる、話題のSNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」。

連日Twitterのトレンドに上がったり、情報番組に取り上げられるほどの盛り上がりを見せています。

多くの有名人やトップインフルエンサーの方々も、続々と参入していますよね。

そこで今回は、次世代音声SNSと話題の「Clubhouse」って一体どんなアプリなんだろう?と気になったので、登録方法や招待してもらう方法など調べてみました。

Clubhouse(クラブハウス)とは

Clubhouseとは?

Clubhouseとは、アメリカ発の音声SNSです。

現状で既存ユーザーからの招待でしか登録することができない「完全招待制」というのが大きな特徴です。

音声のみでコミュニケーションを楽しめるSNSで、Roomに参加して会話を聴いたり(許可されると会話に加わることもできる)、自らRoomを作成してリアルタイムで会話を楽しむことも可能です。

現時点ではiPhoneのみ利用することができますが、今後はAndroid版の開発やクリエイターのための収益化機能の導入も計画されているようです。

Clubhouseの始め方【登録方法を解説】

Clubhouseの登録方法

Clubhouseは現在のところiPhoneのみ対応で、AppStoreからアプリをインストールすることができます。

しかし、アプリをインストールしただけでは利用することができないため、上記でも紹介したとおり既存ユーザーからの招待が必要です。

以下では、Clubhouseの始め方(登録方法)について解説していきます。

Clubhouseの登録方法
  • STEP1
    Clubhouseに招待してもらう
    Clubhouseは電話帳と同期しているので、SMSから招待メッセージを受け取ります。
  • STEP2
    アプリをダウンロード
    招待メッセージの下にあるClubhouseの画像をクリックするとアプリのインストールページに移動するのでアプリを入手します。
  • STEP3
    アプリを起動する
    インストールが終わったらClubhouseのアプリを起動させて『Get your username』をクリックします。
  • STEP4
    電話番号を入力
    [Enter your phone #]の画面が出てくるので、自分の電話番号を入力して『Next』をクリックします。
  • STEP5
    認証を行う
    SMSに認証コードが送られてくるので、[Enter the code we just texted you]の画面にコードを入力し『Next』をクリックします。
  • STEP6
    Twitterとの連携
    次に、Twitterと連携するかを聞かれます。
    連携する場合は『Import from Twitter』をクリックし、連携したくない時は『Enter my info manually』をクリックします。

    ※Twitterと連携する場合、アプリのアクセス許可の確認画面が出てくるので、内容を確認したら『アプリにアクセスを許可』をクリックします。

  • STEP7
    名前とユーザーネームを入力
    [What‘s your full name?]と聞かれるのでフルネームを入力し、『Next』をクリックします。
    次に、[Pick a username]と聞かれるのでユーザーネームを入力して『Next』をクリックします。(ユーザーネームとは「@」のあとに続くユーザー名)

    ※名前は実名での登録を原則としているようですが、ニックネームで登録している方も多いです。実際にニックネームで登録したことによって問題があるのかは不明。また、名前の変更は一度しかできないので注意しましょう。

  • STEP8
    アイコンを設定
    次に、好きなアイコンを設定して『Next』をクリックします。
  • STEP9
    連絡先との連携
    [“Clubhouse”Would Like to Access Your Contacts]というメッセージが表示されます。
    『OK』をクリックするとiPhoneの連絡帳と連携されるので、連絡帳に登録されている知り合いと繋がることができます。
    連携したくない場合は『Don‘t Allow』をクリックしましょう。
  • STEP10
    好きなカテゴリを選ぶ
    上記で連絡先の連携をしなかったときはClubhouse紹介者のみ画面に表示されるので『Looks good』をクリックします。
    すると、色々なカテゴリが出てくるので興味があるものを選択しましょう。特になければ『Skip』でもOK。
  • STEP11
    おすすめユーザーをフォロー
    おすすめのユーザーが表示されるので、気になる人がいればチェックを入れて『Follow』しましょう。フォローしない時はチェックを外して『Follow no one』をクリックすればOK。
  • STEP12
    通知の設定
    最後に通知の有無を聞かれるので、通知するときは『Allow』を選択しましょう。

Clubhouseを利用するときの注意点

Clubhouseを利用する時の注意点

Clubhouseは、招待されないと参加することができない「完全招待制」です。

そのため、招待してくれる人を探さなければならない…というのが難点ですよね。

なんと、メルカリではClubhouseの招待枠が出品されていたようですが、現在はガイドライン違反で削除されているようです。

実際に出品されていた招待枠を購入したのに招待してもらえず、騙されるという事例もあったようなので注意したほうが良さそうです。

また、現時点で招待してもらうためには自分の電話番号を相手の電話帳に登録してもらう必要があります。

つまり相手に電話番号を教える必要があるため、さまざまなトラブルが考えられますので、電話番号の取り扱いは慎重に行う必要があります。

もし、知り合いで利用している人がいれば招待してもらうのが一番安全ですね。

Clubhouseの招待枠を探す方法

Clubhouseの招待枠を探す方法
知り合いからClubhouseを招待してもらえれば安心ですが、周囲で利用している人がいなかったり、すでに招待枠がない場合もあります。

Clubhouseの招待を受ける方法としては、以下の方法があります。

  1. 知り合いに招待してもらう
  2. SNSで呼びかける
  3. 公式からの招待を待つ

公式からの招待(ウェイティングリスト)を待つか、利用者の中にはTwitter上で呼びかけて招待してもらったという人もいるようです。

招待枠は1人につき2枠となっていますが、使っていると何かしらの条件で招待枠が増える…?なんて話も。

(招待枠が8人とか、前澤さんスゴイw)

まとめ

Clubhouseのまとめ

以上で、今話題の音声SNS「Clubhouse」の登録方法と登録枠の探し方についてまとめてみました。

今のところClubhouseはすべて英語表示ですが、実際に使ってみると操作方法が分かりやすいという口コミも多く見られます。

Clubhouseの特徴をまとめると、

  • 完全招待制
  • 音声のみでコミュニケーションを楽しむSNSアプリ
  • 会話を聴いたり自ら配信側にもなれる
  • 録音できないのでリアルタイムでないと聴けない
  • 英語表示だが操作方法はカンタン

実際に音声SNSに参加するにはワイヤレスイヤホンがあると便利なので、持っていない人はこの機会に準備しておくといいかも。

多様性のあるプラットフォームなので、これからいろいろな使い方ができるようになるかもしれませんね。

また、今後はクリエイターのための収益化機能もできるといわれているので期待したいと思います。

 

音声メディアで稼ぐ方法と音声配信サービス6選の機能比較
最近よく耳にするようになった「音声メディア」ですが、今はインターネットを使って個人で音声配信できるようになりました。今後、音声市場は伸びていくと予想されていますので、音声配信で稼ぎたいと思っているのであれば、今のうちから参入しておくのがオススメです。